サイトメニュー

保険適応されることもある

顔に触れる女性

保険適応と筋肉の弛緩

美容整形手術で頻繁に利用されているのがボトックス注射です。メスも使わないため人体への負担も少なく、費用も比較的安く利用できるため、多くの人々がすでにこの施術を利用しています。ただ、いくら安いからといっても、学生や新社会人にとってはハードルが高いと感じてしまうかもしれません。ボトックス注射は1本当たり一万円前後となり、施術内容や利用者の体質に合わせて、本数を増やしていくこととなります。ここで注意するべきは、その費用はあくまで公的の保険が適応されず全額自己負担した場合です。一般的にボトックス注射は美容整形で使われるものというイメージが強く、全額自己負担はやむなしと勘違いされている人が少なくありません。というのも、施術内容によっては保険が適応されるケースもあるからです。例えば、美容整形で頻繁に行われる多汗症やワキガの治療もボトックス注入で治療されることが一般的です。その多汗症やワキガの治療は実のところ公的の保険が適応されるため、施術費用を何割かに抑えることができ、お金に余裕のない人でも利用しやすくなります。他にも美容整形ではないですが、一部の麻痺や痙攣の治療にもボトックス注入で治療することができ、これも保険適応されるケースが多いです。では、保険が適応できるかどうかを知るにはどうすれば良いかといえば、実際に美容整形外科クリニックでカウンセリングを受け、そのときに聞いてみるのが良いでしょう。どの施術が適応外か否かをきちんと教えてもらえるため、恥ずかしがらずに訊ねてみるべきです。

ボトックス注射はボツリヌス菌の毒素を使った治療法となります。それだけ聞くと委縮される方もいるかもしれませんが、その心配はありません。すでに数千万人もの人が利用していると言われており、安全性の高い治療法として美容整形を中心に多用されています。というのも、毒素といっても害がでないほど希釈されており、特定の効果に作用するように調整されているからです。では、どんな作用かというと神経を麻痺させる作用です。なぜその作用が美容整形などで多用されるのかというと、まず神経と筋肉の関係性を語らなくてはなりません。筋肉を収縮・弛緩させることで運動することができますが、筋肉が収縮したまま凝り固まってしまうと美容を損なうケースがあります。その代表例が一部のシワであり、二の腕を曲げる(筋肉の収縮)と肘の裏に大きなシワができますが、それが顔でも起こっているというわけです。その収縮させている原因は脳から神経を伝ってそうするように働きかけているからです。その神経を麻痺させることで、筋肉の収縮が解かれてシワもなくなるという仕組みとなります。シワだけでなく、発達した筋肉を細らせる部分痩せや、多汗症やワキガ、他麻痺・痙攣などの治療などに利用されているのです。ただ注意するべきは、ボトックス注射の効果は永久的に続くわけではなく、3か月から半年で効果が切れてしまいます。(ボトックス注射のメーカーや用量や注入場所などによって持続効果が変わってきます)長らく効果を得続けたいとするならば、効果が切れる頃に再度注射すると良いでしょう。